食品

こんな物にも乳酸菌が入っています

乳酸菌とは、ブドウ糖などの糖を使って乳酸を発生させ胃腸の環境を正常化してくれる菌の総称です。
乳酸菌が含まれる飲料や食品を摂取することにより、胃腸へ到達しそこに巣食うさまざまな悪玉菌を退治します。
乳酸菌は主に腸内に生息していますが、これらは継続して摂取し続けなければ悪玉菌に逆に駆逐されてしまいます。

乳酸菌を含む飲料はすでにスーパーやコンビニでも多く見かけられますが、いろいろな食品にも含まれています。
乳を原料として造られるチーズやチーズ製品、ヨーグルト、バターなどにはほとんど含まれており、これらの菌は動物に由来することから「動物性乳酸菌」に分類されています。
また、「植物性乳酸菌」の働きによって作られる食品としては、味噌や醤油・すぐきに代表される漬物などの発酵食品がありますし、動物性に比べてカロリーが低いのでヘルシーであると言われています。
動物性と植物性を合わせると多種多様な発酵食品が存在していますが、どれも私たちの食生活に密接な関わりがあります。
お菓子ではお子さんに人気のビスコや、アイスクリームにも乳酸菌が含まれているものが登場しています。

ヨーグルトひとつとっても多様な種類の菌が使われています。
多くの方が一度は聞いたことがある代表的なものですと、ビフィズス菌・ラブレ菌・ブルガリア菌・サーモフィルス菌・カゼイ菌・ガセリ菌などがあります。
これらはそのまま商品名にも使われており、一目見てどの菌が使われているかを確認することができます。
厳密に言えば菌にはそれぞれ異なる効果があるのですが、いずれも腸内環境を正常化してくれる力があります。

健康食品としては、粉末タイプの飲料やサプリメントにも乳酸菌が使われています。
さまざまな食品に使われることで私たちは無理なく自然に体調を整えていくことができるのです。
毎日の乳酸菌習慣によって便秘予防や免疫力アップなどが期待できますから、体の中から乳酸菌を増やして健康を目指しましょう。

このページの先頭へ