食品

赤ちゃんと乳酸菌の関係

新生児、いわゆる赤ちゃんの腸の中というのは、免疫力が非常に低い状態であり、大腸菌などが原因で病気にかかりやすい状態になっています。
そこへ母乳を与えられることによって、それらを養分として腸内に善玉菌が爆発的に増加し、病気に強い体を作ることができます。
生後まもない状態から腸内に善玉菌を増やして免疫力をつけるためには、何よりもまず母乳をしっかりと与えることが重要と言われています。

万が一お母さんに何らかのトラブルがあり、母乳を満足に与えられない場合は粉ミルクを使いますが、この時乳酸菌を一緒に補ってあげることで母乳の果たす役割に代えることができます。
新生児のうちは乳酸菌がとても少ない状態ですから、乳酸菌を外から補給することが大切です。
粉ミルクしか飲ませていない赤ちゃんの善玉菌は、母乳をしっかり飲んで育った赤ちゃんの10分の1程度であるとも言われています。

赤ちゃんはお母さんの母乳から免疫力をつけなければいけませんが、離乳した後は離乳食を使って乳酸菌を補うようにします。
まだ肝臓機能がしっかりとできていないので、サプリメントを飲むことはできませんが、ヨーグルトや乳酸菌飲料などの食品から補っていきます。
誰もが小さいうちは風邪などのウイルスに掛かりやすく、毎日の生活の中で予防していかなければ、罹患のリスクは高まります。

大人もそうですが、腸内環境を正常化するためには乳酸菌を日々効率的に摂取することが大切です。
子供のうちだけ乳酸菌を摂っていれば良いというわけではなく、歳をとってからも継続的に摂取しなければなりません。
ヤクルト菌、ラブレ菌、ビフィズス菌などさまざまな乳酸菌を摂取することで、腸内を席巻していた悪玉菌を退治し、免疫力の低下からくるさまざまな病気を予防することができます。
ヨーグルトや乳酸菌飲料などは飲みやすく、お子さんでも口にしやすいまろやかな味わいが特徴的。
ぜひ、毎日の食事に乳酸菌をプラスしてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ