食品

乳酸菌を生きた状態で

乳酸菌を取り入れるうえで意識したいのは、「生きて腸まで届ける」ということです。
CMなどでも「生きて届く乳酸菌」などと宣伝がされていますが、
実は腸内に届くまでに死んでしまったり、生きていても腸に住みつくことができず体外に排出される場合が多く、乳酸菌をそのまま摂ったからといってすべてが腸で活躍してくれるとは限らないのです。
生きたまま腸まで届いたものは活発に活動し、悪玉菌と対峙して増殖を抑えるはたらきをしてくれますが、菌が死んでいても悪玉菌と戦うはたらきがあると言われ、生きているか死んでいるかというのは実際にはあまり関係がないようです。

乳酸菌が万が一死んでしまった場合、死んだ状態で腸へ届けられます。
すると、すでに腸内で悪玉菌と戦っている乳酸菌が死滅したこの菌から出た分泌物を養分とし、活力を得て増殖します。
死んでしまっても生きている菌のエサとなり働きをサポートしてくれるので、必ずしも生きて腸に届ける必要はないというわけです。

そのような理由から乳酸菌の生死はあまり考慮せず、むしろ継続的に摂取し続けることが重要になります。
一度にたくさん摂ったから問題なしというわけではなく、腸内で戦っている乳酸菌に活力を与え続けなければいけません。
私たちも一日に何度か食事を取らなければスタミナ切れを起こして動けなくなるように、菌にとっても何らかの活力源が必要であるということです。
また乳酸菌を摂れば胃の中でも悪い菌と戦ってくれるので、胃腸という大切な消化器官を守るためには重要な存在なのです。

最近では、生きた状態で届ける研究が進んでいるほか、乳酸菌が活発に活動できるよう、エサであるオリゴ糖などと合わせて吸収すると良いという研究結果も報告されています。
オリゴ糖が含まれている食品には大豆やタマネギ、ごぼうなどがありますが、これらの食品と組み合わせることで胃腸の中の乳酸菌が活発化し、生き生きと活動して体を内側から守ってくれます。


このページの先頭へ