食品

乳酸菌飲料の効果

スーパーやコンビニでよく見かける乳酸菌飲料は、飲むヨーグルトタイプ以外にもさまざまな種類が登場しています。
「乳酸菌」という文字を目にするだけでなんとなく体に良さそうなイメージがあるので、何となく飲んでいる方も多いのではないでしょうか。
乳酸菌飲料には、腸内で悪玉菌と戦う善玉菌が含まれています。
善玉菌を効果的に摂取して腸内環境を整えるhttp://www.oxfordquakers.com/kin0008.htmlためには、乳酸菌飲料がもっとも手軽な摂取方法です。

この飲料のパッケージを見ると、「ラブレ」「ヤクルト」など特徴的な言葉が目に入ります。
これらはいわゆる善玉菌の名前であり、それらの良い菌を総称して善玉菌と呼んでいます。
乳酸菌が含まれている飲料はどれも腸内で菌が活躍してくれるので、特定の飲料だけが特別良いというわけではありません。
自分の味覚に合った、飲みやすいものを摂るのが一番です。

この飲料の主な効果としては、胃腸の調子を整えて腸内細菌の活動を正常化し、免疫機能を改善して強い体を作ります。
乳幼児が早いうちから乳酸菌飲料を飲むのは、体の中から免疫力を強化して病気になりにくい体を作るためで、実は大人になってもその習慣は続けていく必要があります。
特に外が寒くなり、免疫力が落ちてくる秋から冬にかけての時期や、季節の変わり目などは免疫力をつけておかなければ風邪をひいたり、流感にかかってしまう可能性もあります。

また継続して飲むことで、腸だけでなく胃の調子も改善されると言われています。
乳酸菌飲料にはおよそ100万個/ml以上の乳酸菌が含まれていますが、一度にたくさん摂ったからといって腸内環境がすぐに良くなるわけではありません。
頑固な便秘症の方や、悪玉菌が多く胃腸の調子が慢性的に悪い方などは無理なく摂取し続ける必要があります。
毎日の健康を考える時、五大栄養素を食材からまんべんなく摂取することも大切ですが、胃腸という大切な臓器を内側から守るためには乳酸菌を定期的に補ってあげましょう。


このページの先頭へ