食品

乳酸菌の過剰摂取について

乳酸菌は毎日継続して摂取することが望ましいと言われていますが、サプリメントなどから摂る場合「過剰摂取」になる可能性もあります。
いくら体に良いからといって、毎日大量に乳酸菌を摂取することは良いことなのでしょうか?
乳酸菌を摂取する量は、食品の場合1日に約200g~300gの量を摂ると良いと言われています。
発酵食品やヨーグルトなどをあわせた総量が200g~300gということです。
そしてその食品には、1mlあたり約100万個以上の乳酸菌が含まれていると良いとされています。
100万というと非常に膨大な数を想像しますが、腸内には悪玉菌も含めてそれ以上の数の細菌が生息しており、乳酸菌のほとんどは腸に届くまでに死んでしまうので、100万個程度の量が適量になります。

乳酸菌を摂り過ぎた場合、腸内環境が正常化されるだけでなく、人によっては胃腸が弱くなる可能性があります。
薬と違って「効きすぎる」ことはなくても、生きた菌を摂取するわけですから、体に負担をかけない範囲での摂取が理想的です。
また、乳酸菌をたくさん摂取するということは食品や飲料など何らかのかたちで経口摂取をすることになりますが、味を調整するためにたくさんの糖分を含んでいる製品が多いので、たとえば甘いヨーグルトなどを一日に大量に食べていると、糖分が体内に増加して血糖値の上昇を招いたり、体重の増加につながる可能性があります。

乳酸菌は一度にたくさん摂れば良いというわけではありません。
かといって、菌をそのまま摂取するのも困難なので、乳酸菌を含んだ製品を介して継続的に摂取を続けましょう。
消化器が強くない方はお腹を壊さない範囲で飲み物や食品を少しずつ摂るのが理想的です。
もしも、過剰摂取をしていなくても具合が悪くなるようであれば、乳酸菌の摂取を止めて様子を見ましょう。
それでも調子が悪ければ専門の
医療機関を受診し、胃腸の調子が悪いことを伝え、適切に診察を受けられることをおすすめします。

このページの先頭へ