食品

乳酸菌の種類

地球上に存在する菌類の中でも、誰もが知っているものが「乳酸菌」です。
この菌は腸内に存在する善玉菌の総称で、ブドウ糖を消費して乳酸を発生させ、腸内に生息する悪玉菌を駆逐し、腐敗ガスの発生を抑えたりコレステロールを低下させる働きをしてくれます。
腸内環境が整うということで、便通が正常化し疲労回復や美肌効果なども期待できます。

乳酸菌は実に350種類以上が発見されていますが、みなさんからよく知られているものはヤクルト菌やビフィズス菌などでしょう。
最近では「ヤクルト」のように、乳酸菌の名前をそのまま商品名にしている食品や飲料も増えてきています。

乳酸菌の総数は、現在発見されているもので約350種類があると言われています。
350種類もあるとどれがどのような効果的なはたらきをしてくれるのか分からなくなりそうですが、
善玉菌は腸内で悪玉菌と戦い腸内環境を向上させる働きを持っています。
形状や寿命なども菌の種類によって異なり、またどんな原材料に生息しているかによって「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」に分かれます。

動物性はその名の通り、動物性のものを原材料としている乳酸菌です。
植物性も同じく、植物を原材料としている菌です。
どちらも「乳酸菌」という共通点はあるのですが、人間の体内に入って長く生きられるものは植物性であると言われています。

植物性はすぐきなどの漬け物に生息する菌で、胃に入って強烈な胃酸に晒されても簡単に死滅しない、強い菌と言われています。
そのため健康食品やヨーグルトに配合されることが多く、最近ではサプリメントなどにも植物性を使用した製品が登場しています。
ラクトバチルス・プレビスと呼ばれる菌類などが特に有名です。

これらの乳酸菌は私たちの身近にいつも存在している心強い善玉菌です。
毎日の食生活の中でさまざまな種類を摂取することによって、腸内環境や胃の中が正常化され、健康を目指すことができます。
ぜひ毎日の習慣に、乳酸菌を取り入れていきましょう。

このページの先頭へ