食品

乳酸菌がたくさん含まれている食品

乳酸菌がたくさん含まれている食品を毎日摂取すれば、お腹の調子も良くなって便秘などが解消でき、体の調子が改善して肌ツヤなども良くなります。
では、乳酸菌がたくさん含まれる食品にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、発酵食品としては悪玉菌を退治するのに効果的とされる納豆がおすすめ。
日本人には非常になじみ深く、そのままでもよし!いろいろなアレンジをして食べてもよし!で一日に1パックでも食べられればOKです。
大豆にはイソフラボンも含まれているので、女性の体調改善にも一役買ってくれます。

また、みそ・ぬか漬け・塩麹なども乳酸菌を含む食品として有名です。
みそは言うまでもなくみそ汁に、ぬか漬けは自宅でも手軽に作ることができますし、塩麹は最近になって注目されはじめた食品ですが、あえ物や炒め物に混ぜるなどしてさまざまな使い方ができます。
飲料についてはさまざまな種類が発売されていますが、シロタ株という種類が多く含まれているものとしてはヤクルトが有名です。
それ以外にも、プラズマ乳酸菌やラブレ菌などさまざまな菌類が含まれる乳酸菌飲料が登場しています。
欧米の食材としては、チーズも多く含んでいます。

乳酸菌が含まれる食品を摂取する際は、40度程度の温度に温めることで乳酸菌の増殖をうながすことができます。
あまり加熱しすぎると死滅してしまうので、乳酸菌の含まれた食品は冷たいままではなく、少し温めてからいただくと良いでしょう。
チーズなどは生で食べることも多い食品ですから、ナチュラルチーズなどをトーストしたパンに挟んでいただくと良いでしょう。

普段から積極的に摂っていると、体調がだんだんと改善されていきます。
さらに乳酸菌のパワーhttp://www.websarga.com/health.htmlが欲しいという方は、生きている乳酸菌のエサとなるオリゴ糖を含んだ食品や、オリゴ糖入りの甘味料などをプラスしてあげると効果があります。
はちみつなどにはオリゴ糖が多いですし、パンやチーズと組み合わせて摂れば美味しくいただけます。
また、最近では乳酸菌入りのアイスクリームも注目されています
乳酸菌を続けるメリットについても参考にご覧ください。


このページの先頭へ