食品

腸内に乳酸菌を届ける

ヨーグルトやチーズなどの乳製品に多く含まれる乳酸菌。
健康のために、赤ちゃんからお年寄りまで誰もが摂取を勧められています。
乳酸菌はお腹に良いはたらきをすると言われますが、具体的にはどのような役割があるのでしょうか。

・腸内で活動する
乳酸菌は、ヤクルト菌などの善玉菌の総称。
乳酸を出し、乳酸が腸を刺激することでお通じを増やしてくれます。
また、オリゴ糖を一緒に摂ればそれが乳酸菌の食事となり、菌そのものの数を増やして活発に活動します。
悪玉菌を退治する役割も担っているので、何かの原因で悪玉菌が増えてしまった腸内には善玉菌をたくさん送りこんであげる必要があります。

・乳酸菌を届けるには
私たちの腸内には、常時100兆個程度の細菌が住んでいます。
これらの腸内細菌は善玉菌と悪玉菌、さらにどちらにもつかない日和見菌の三種類に分類されますが、善玉菌はいつも悪玉菌の数が増えないように戦っています。
必ず善玉菌の数が優勢というわけではなく、毎日の生活習慣や食事の内容によっては善玉菌が不足する場合もあります。
乳酸菌を腸内に届けるには、食品や飲料、サプリメントなどを使って定期的に数を補ってあげるしかありません。

しかも、一度にたくさん乳酸菌を摂取したからといって安心はできません。
胃の中、さらには腸内に入って悪玉菌の所へ到達するまでに、かなりの数が死滅してしまうと言われています。
そのため、乳酸菌を摂取するよう心掛けても、三日坊主に終わってしまうと意味がありません。
大切なことは継続するということで、できればオリゴ糖など乳酸菌が喜ぶものを一緒に摂取してあげると効果的です。

菌も生き物ですから、活発に活動し、悪玉菌の優位に立つこともあれば、そうでない時もあります。
腸内にしっかりと菌の力を届かせるためには、私たちの生活習慣が重要ということです。
長期的に摂取すれば、コレステロールの抑制や、胃腸の回復などさまざまなメリットが期待できますから、乳酸菌の摂取を毎日の習慣にすることが大切です。

このページの先頭へ