食品

乳酸菌と善玉菌・悪玉菌

腸の中に棲む腸内細菌には、大きく分けて三種類が存在しています。
まず、体に良いはたらきをする善玉菌、体に悪い影響を与える悪玉菌、悪玉菌が増えてくると悪い影響を及ぼす日和見菌に分けられます。

テレビ番組や雑誌の記事でも善玉菌を増やすことが大事と言われていますが、腸の中というのは目に見えない部分なだけに、善玉菌と悪玉菌がそれぞれどんな活動をしているのかは分かりません。
しかし、腸内では微細なこれらの菌類が日々領土争いを繰り広げています。
特に免疫が弱ってきた時に勢力を増やす悪玉菌は、大腸菌やブドウ球菌、緑膿菌などさまざまな種類が存在していますが、善玉菌を補うことでこれらの悪玉菌が悪さをするのを防ぐことができます。

悪玉菌が多くなればなるほど、腸内のタンパク質が腐り、そこから有害な物質が発生し、腐敗ガスが溜まって血液中へ放出され、体臭が起こってきたり、さらには吐き気や頭痛、便秘などのトラブルを起こします。
善玉菌は加齢とともに減少するので、年をとればとるほど、ヨーグルトや発酵食品、乳酸菌飲料などから定期的に善玉菌を補わなければなりません。
乳酸菌はなんとなく小さな子供や美容に関心の高い女性のものというイメージがありますが、善玉菌が少なくなれば誰しも何らかの不調を感じるものですから、乳酸菌は年齢や性別に限らずすべての人に必要です。

善玉菌を増やしていくと悪玉菌の勢力範囲を抑え、自分自身のもつ抵抗力や免疫力が自然にアップしていきます。
ストレスなどで免疫力が下がった時でも、善玉菌を増やしておくことで血液中に活性酸素が増えすぎないよう抑制し、免疫力の低下から来るさまざまな疾患も予防http://www.ciao-surveys.jp/kaze.htmlすることができると言われています。
「最近調子が悪いかも」と思ったら、それは悪玉菌が腸内に増えているせいかもしれません。
目には見えない場所だからこそ、しっかりケアしていきたいもの。
毎日の習慣に、善玉菌を増やす食生活http://www.fladtropicaldiseases.com/uwasanotomato.htmlを初めてみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ